メール送信機能

メール配信を用いた販促業務が実現

マーケティングオートメーションを導入することにより、自社の商材に相応しい見込み客の掘り起こしが可能となります。販促手段には、Webサイトに来訪したユーザーへレコメンドを行うタイプや、メール配信を通じて反響を得るものがあります。メールによる販促を行うツールは、ステップメールと呼ばれる手法を用いて、段階的にユーザーの購買意欲の喚起を行います。成約に至る可能性が高いユーザーを見つけるだけではなく、ナーチャリングと呼ばれる教育手法を施していける点も、マーケティングオートメーションを導入することにより得られるメリットなのです。繁忙期などにキャンペーンを開催する場合には、多数のユーザーに対しての同報送信を行うことも可能です。

ターゲットの絞り込みと測定方法の確立も大切

メール配信による販促を、ツールを用いて行う際には、事前にターゲットを絞り込むことが大切です。反響効果が高いユーザー層に対してのメール送信を行わなくては、成約に至る可能性が薄くなっていくからです。自社の商材に対するペルソナを検討した上での、ユーザー層の選定が大切となるのです。ターゲットの絞り込みを終えた後は、送信結果の判断基準を決めておく必要もあります。配信したメールに対して、どのような結果が得られるのかを、事前に期待値として決めておかなければなりません。マーケティングオートメーションを運用する上では、月のランニングコストを低く抑えることも大切だからです。適切なターゲット層の設定と反響の確認手段を決めておくことにより、無駄のないメール送信が実現していきます。

Follow Me